タバコは健康に悪い。美にも!

2013/10/31

タバコの健康への悪影響について知らない人はいない。その悪さは、呼吸器、消化器、脳、神経など人間が持つ生きる為の全ての機能に及ぶ。毎年数百万という人がタバコが原因で亡くなっている。やめるには十分は理由ですがなかなか思うようにならないようです。よかったことにタバコをやめるもう一つの理由があります。タバコは美容にも致命的なダメージを与えていることが最新の研究により明らかになったと「プラスチックおよび再建手術」雑誌(Plastic and reconstructive surgery)に報じた。
毎年アメリカのOhio州で行われる双子祭りに参加する平均年齢40歳の双子兄弟達(一人がタバコを吸うもう一人はタバコを吸わないもしくは二人ともタバコを吸うが吸った年数に5年以上差がある)の協力のもとで行われた研究結果によれば、喫煙者ほど上と下のまぶたがたるんで下に落ちる、口周りにしわが多い、下顎が出ているという共通点があることがわかりました。
下に示す写真は、一人はタバコを吸わない、もう一人はタバコを頻繁に吸う双子兄弟の写真です。どっちがタバコを吸うでしょうか。顔の肌を比較すると一目瞭然その差がわかる。下記の比較写真、右側の人がタバコを吸っている。研究結果にも述べているように口周りにしわが多く、まぶたもたるんでいるのがすぐわかるでしょう。


 本研究の第一人者であるBahman Guyuron氏によれば、タバコにより皮膚に行き渡る酸素と血液の量が減ることで栄養が足りない状態になりしわが増えてより老けて見えるという。タバコは体内にも悪影響を与えるのでより早く体の機能や能力が低下しより早く生命色を失うことになる。
本研究で分かったもう一つのことは、タバコから出る毒素が皮膚細胞間のつながりをサポートし肌の張りを保つコラーゲンを破壊することがわかったことです。研究チームはタバコのみの影響を調べる為に同じ生活リーズムや生活環境の双子を選んだそうです。顔皮膚に影響を与える飲酒、ストレス、紫外線に当たる環境などです。
タバコは美容にも悪い影響があることはなんとなく想像できると思うが今回のように顔のどのパーツにどのように影響が現れるのかを調べたのは初めての試みだった。
研究チームは、その目的について”タバコを吸っている人をやめさせるのがメインな目的ではなく、若いうちからその恐ろしさをあらゆる面で理解しタバコ吸わないようにするのが大きな目的である”と述べた。 
他人の為にタバコの悪さを研究し、伝えている人達がいる。忍耐の要る取り組みだ。肝心なのはタバコを吸っている人がどのように取り組んでいるかだと思います。健康に満ちた体を取り戻すにはほんのちょっとの我慢が必要。吸わないという方法が駄目だったら、禁煙サポートグッズの力を借りてはいかがでしょうか。下記のリンク先の店にはいろなグッズがあります。
カリフォルニアで大流行中!ハイエンド電子タバコ【JPvapor】