今日オバマ大統領が日本訪問。オバマはどんな人?

2014/04/23

アメリカの大統領バラク・オバマが3年半ぶりに日本にやってきます。その訪問の内容についていろんなメディアで既に公開されている。連日議論を繰り広げているTPP、アメリカと日本の交友関係再確認や日米の様々な協力関係について具体的な話し合い今後の予定、日本周辺国と日本の国際関係について状況確認など2日間でびっしり予定が積まれている。お互いにいい感じで終わることを期待する。
この話をさっとおいて、第44代アメリカ合衆国大統領であるオバマとはどんな人なのか浅くあさってみようと思います。

本名:Barack Hussein Obama
1961年8月4日、ケニア人のお父さんとアメリカ人のお母さんの子供としてハワイのホノルルで生まれた。54歳。イスラム教徒であったお父さんがつけた名前のようだ。彼の家族関係、子供時代の話など結構細かい情報がWikipediaに載っている。
ミドルネームのHusseinが気になると思うが、アラブ語のHassanという人名がフランス語封に変わった名前のようで、「美しい、ハンドサーム、良い」などの意味を持つ。

身長:185cm
アジア人から見れば背が高いと思うが欧米では普通な感じですかね。ちなみにアメリカの歴代大統領の中で第8位の身長のようです。調べてみれば、16代目大統領Abraham Lincolnの身長は193cmで第一位で、初代大統領George Washingtonは189cm、26代目大統領Theodore Rooseveltは178cm、42代目大統領Bill Clintonは188cm、41代目大統領George H.W Bush(父)は188cmなどと身長の高い大統領が多かったようです。
上記図のメータの数字ですが、体重単位のポンドで1ポンドは大凡453.6グラムと等しい。

体重:82キロ

身長に比例してみればこの体重はベストバランスだと思いますね。小さい頃からバスケをやっていて今でも定期的に汗を流しているそうです。身長と体重から計算すればBMIは23.9と通常の体系と健康状態を維持できている感じですね。ちなみに、この値が大きくなっていくと病気になりやすくなると言われている。

趣味:趣味は多数あるようです。
仕事とフリータイムのバラスを良く考える人のようです。海外メディアで彼のある友人がこう語ったそうです。読書、テレビ、音楽、外食、運動が好きで友達とワイワイ楽しむことも少なくはないようだ。ハリポータシリーズの大ファンで全シリーズを読んだそうです。また、一般のアメリカ人の親父と同じくバスケ、ベースボール、アメリカンフットボール、ゴルフもやっている。インドネシアで住んでいたこともあり、当時はサッカーが上手かったというエピソードもあるようだ。

家族:妻と2人の娘、ボーという愛犬と生活している。

ファーストレディー、Michelly Obama。1964年1月17日生まれ。弁護士で、米シカゴ大学病院の副会長とつとめている。二人の娘、Malia Obama(17歳)、Sasha Obama(14歳)。Maliaはサッカー、ダンス、テニス、ピアノが得意。Sashaは体操、タップダンス、テニス、ピアノが得意。ボーは、ポヂュギース・ウォーター・ドッグという種類の犬でホワイトハウスを走り回る暴れん坊だそうです。結構珍しい種類の犬のようだ。

学力:高学歴の持ち主なんです。1979年高校卒業。その後、オクシデンタル大学コロンビア大学ハーバード大学・ロースクール政治学国際関係論や法律を専攻した。

ハーバード大学に入学する前にニューヨークで出版社Business International CorporationNew York Public Interest Research Groupなどで就職もしている。1991年に日本の法務博士(専門職)に相当する学位も取得している。

好きな食べ物:食欲おおせいでよく食べるようだ。
イタリアン料理、メキシコ料理、パイ、レズン、ハワイ料理、ハワイ風ピザ、マスタード付きのチーズバー、野菜(特にほうれん草、ブロコリ)、ピスタチオなどが昔から好きだそうです。

大統領就任・ノーベル賞受賞:2009年1月20日、第44代アメリカ合衆国大統領に就任。アフリカ系アメリカ人として、そしてハワイ島出身として初ということで就任当時話題になりました。
有名な2009年大統領選勝利演説で言った「YES WE CAN!」。日本でも一時期芸能界を通じて小学生にまで流行ったことは記憶にまだ新しい。

そして、大統領就任の2009年に、平和の国際外交の貢献、核兵器廃止への強い意志、環境保護への活動などが評価されてノーベル平和賞で受賞された。なぜ、受賞に至ったか当時波紋をよびました。ブッシュでは無いからという冗談まじりの厳しい意見もあったが将来への期待が大きいことが賞に繋がったという意見が多かった。

こちらも是非オバマ大統領が乗る”世界一頑丈の車”の11つの特徴